鴻富行政書士法人TOP > コラム

コラム

最新情報等の更新について

2016年08月01日

以後、ビザ等の最新情報やコラムについては、各専門サイトのブログをご覧ください。

banner_syuro_new
就労ビザに関するブログはコチラ

 

banner_marriage_new
結婚・離婚ビザに関するブログはコチラ

 

banner_kika_new
帰化に関するブログはコチラ

 

banner_invest_new
経営管理ビザや許認可に関するブログはコチラ

 

その他、当社Facebookでも公開しています。

https://www.facebook.com/KofukuGyoseisyoshiLawFirmJapan/

ページの上部へ▲

【古物商許可】外国人が古物商許可の必要な事業を営む場合

2015年05月19日

たとえば、外国人の方が「経営・管理ビザ」を取得して事業を行うのに、その事業内容が「古物商許可」の必要なものだった場合、どのタイミングで申請を行えばいいのでしょうか。

古物商許可は、その代表者が「経営・管理ビザ」を取得した後出なければ、申請ができません。 ですので、ビザを申請し、許可が下りた時点で、古物商許可を申請していくことになります。

ですので、古物商許可をメイン事業をされる場合、 ビザを取得してもすぐには事業を開始できない場合もありますので、ご注意くださいね。

ページの上部へ▲

【経営管理ビザ】許認可への影響について

2015年04月30日

経営管理ビザを取得して、日本で事業をしていきたいと思ってらっしゃる外国人の方、 どのような事業をするのか、どのようなものを取り扱っていくのか、場合によっては許認可が必要なものもあります。

たとえば、下記の場合はそれぞれ許認可が必要になる可能性があります。

中古品を買い取って、海外へ輸出したい→古物商許可

日本で不動産の売買をしたい→宅地建物取引業許可

海外の化粧品を日本で販売したい→化粧品業許可

などなど。

よって、場合によっては、ビザ申請の際にも許認可取得の有無が確認されることもありますので、十分ご注意くださいね。

ページの上部へ▲

このページの先頭へ