鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 帰化 > 【帰化】面談同行

新着記事

【帰化】面談同行

2015年03月23日

帰化の法務局での面談は、ご本人が行かなければなりません。 また、多くの法務局では、行政書士等の面談同席を許可してもらえません。…

原則同席ができないので、事前に書類をご確認いただき、なるべく不安を取り除けるようにフォローをしていますし、問題なく受理されているケースがほとんどです。 それでも、慣れない場所での申請、不安に思い、是非同行してほしいという方も多くいらっしゃいます。

背景が複雑な場合等、法務局の担当官によっては、私たち行政書士の同席が許されるケースもあります。そんなときは、私たちの出番です! スムーズに受理されるよう、申請人に代わって書類の説明を行うこともあります。

このページの先頭へ