鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 家族滞在ビザ > 【家族滞在ビザ】審査ポイント

新着記事

【家族滞在ビザ】審査ポイント

2015年10月16日

家族滞在ビザの中でも、とりわけ留学ビザの方の配偶者の家族滞在ビザ申請についての審査ポイントは、主に以下の2つです。

①扶養能力
②在留状況(学校の出席率、アルバイト状況等)

この2つをきちんと説明できないと、不許可率が格段にアップしてしまいます。

そして、最近不許可になる事例で特に多いのが、②の在留状況のうち、特にアルバイトの状況についてです。 アルバイトは、申請人本人は当然ですが、配偶者の留学生の方のアルバイト状況も審査の対象となります。

“すべての”銀行の通帳の写しの提出を求められたり、 入国以降の“すべての”アルバイトの給与明細やアルバイト履歴の提出を求められたりすることも、珍しくありません。

ばれなければいい、出さなければわからないだろう、 そんな軽い気持ちでした行動が、ビザ不許可、という結果を導いてしまうこともあります。 また、このような行動は、虚偽申請と認めらてしまう恐れもあるため、 申請はくれぐれも慎重に行いましょう。

このページの先頭へ