鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 就労ビザ > 【就労ビザブログより】永住ビザをお考えの方へ③

新着記事

【就労ビザブログより】永住ビザをお考えの方へ③

2016年01月22日

将来的に永住を考えていらっしゃる方は、
転職の回数が多いことは、デメリットにつながる可能性があります。

なぜなら、安定した生計が立てられているかどうか、という点で、転職が多いとマイナスのイメージがあるからです。

もし、過去に転職が多く、永住申請を検討している場合は、
できれば、現在の職場において1年以上経過してから申請したほうがいいでしょう。

なお、申請中の転職についても、同様の理由で、あまり歓迎されません。

申請中に転職したからといって、永住申請が即不許可となるわけではありませんが、少なくともマイナスポイントにつながることは間違いありません。

また、転職をした場合は、「契約機関に関する届出」を行うのを忘れないようにしましょう。

更に、ビザの有効期限が長い場合は、「就労資格証明書」の交付申請を行うことも重要です。
これは、任意の申請で、申請しなかったからといって不法就労となることはないのですが、
転職前後の企業が、ほぼ同規模の会社で、従事する職務内容も同様の場合を除き、
永住申請を検討している場合は、申請しておいたほうがベターです。

もちろん、永住申請を行う予定がない場合でも、就労ビザの有効期限がたくさん残っている場合での転職は、「就労資格証明書」の交付を受けるに越したことはありません。

このページの先頭へ