鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 居住関係 > 【経営・管理ビザ】何年経ったら永住申請ができるのか

新着記事

【経営・管理ビザ】何年経ったら永住申請ができるのか

2015年05月12日

経営・管理ビザを取得して、何年したら、永住申請ができる?

永住申請の要件は、日本に10年以上在留していること、そのうち5年以上就労ビザで仕事をしていること、というのがあります。

経営・管理ビザは就労ビザの1種です。

留学5年、技術ビザ3年、経営・管理ビザ2年。こういう状況であれば、上記要件を満たすので、申請が可能です。

ただし、気をつけなければいけないのが、もう一つの要件、「最長の在留期間であること」です。 経営・管理ビザの最長の在留期間は5年ですが、 今でしたら、3年か5年のビザを持っている必要があります。

経営・管理ビザは、通常1年目は1年のビザしかもらえません。 更新時、その経営状況を見て、また1年か、3年か、5年か・・・ 1年ビザを更新し続けている限り、永住申請はできないのです。

このページの先頭へ