鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > その他ビザ > 【資格外活動】制限について

新着記事

【資格外活動】制限について

2015年05月18日

原則就労ができないビザを持っている外国人の方でも、「資格外活動許可」を取得することで、アルバイト等の就労が可能になります。
しかし、あくまで本業(留学生なら留学生としての活動、家族滞在ビザなら扶養される立場であること)に影響ない範囲という理由から、その活動時間には制限があります。

・1週間で28時間以内
・留学生の場合、学校が長期休暇は1週間で40時間以内、かつ1日8時間以内

留学生の方の就職活動で、自分の努力をアピールするため、「なるべく親に負担をかけないよう、学費を稼ぐためにがんばってアルバイトをしました!」という方がいらっしゃいますが、
きちんと資格外活動を取得していたか、アルバイト時間が上記制限を超過していないか、
最近は殊更に厳しく見られる傾向がありますので、 本人も雇用主も、十分ご注意くださいね。

このページの先頭へ