鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 古物商 > 【古物商許可】外国人が古物商許可の必要な事業を営む場合

新着記事

【古物商許可】外国人が古物商許可の必要な事業を営む場合

2015年05月19日

たとえば、外国人の方が「経営・管理ビザ」を取得して事業を行うのに、その事業内容が「古物商許可」の必要なものだった場合、どのタイミングで申請を行えばいいのでしょうか。

古物商許可は、その代表者が「経営・管理ビザ」を取得した後出なければ、申請ができません。 ですので、ビザを申請し、許可が下りた時点で、古物商許可を申請していくことになります。

ですので、古物商許可をメイン事業をされる場合、 ビザを取得してもすぐには事業を開始できない場合もありますので、ご注意くださいね。

このページの先頭へ