鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 帰化 > 【帰化】本国の書類について

新着記事

【帰化】本国の書類について

2015年06月09日

帰化申請では、本国の書類(婚姻や出生を証明するもの)が必要となりますが、場合によっては新しく取れない方もいらっしゃいます。
原則、海外発行の書類の有効期限は6ヶ月とされています。
この場合、すごく昔に発行されたものなら持っているんだけど、使えますか?!という質問を受けることがありますが、… 結論から言うと、使えなくも無いです。

つまり、事情によって再発行が難しかったり、現在取得することが難しかったりする物については、6ヶ月以内のものでなくても、有効な書類として受領してもらえることはあります。

このページの先頭へ