鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 就労ビザ > 【技術・人文知識・国際業務ビザ】勤務先について

新着記事

【技術・人文知識・国際業務ビザ】勤務先について

2015年06月18日

「技術・人文知識・国際業務ビザ」に該当する職種には様々なものがありますが、やはりエンジニアや通訳・翻訳業務や国際業務が最も多い印象ですね。
これらの職種や業種によって、勤務先の状況も様々でしょう。
しかし、「技術・人文知識・国際業務ビザ」に該当する仕事のほとんどは、「現場」での業務を容認されていません。…
例えば、アパレル業界での店舗での接客などは、何かよほどの理由がないと、許可されないケースが多いです。
また、経理業務等を行う場合であっても、店舗のバックヤードにあるようなオフィスで業務を行う場合は、やはり許可が下りないケースが多いようです。
最近では、オフィスの見取り図の提出を求められるケースも増えていますので、この点ご注意ください。

このページの先頭へ