鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 就労ビザ > 【技能ビザ】職歴の証明について

新着記事

【技能ビザ】職歴の証明について

2015年06月22日

調理師として技能ビザを申請する場合、10年以上(タイ料理の場合は5年以上)の職務経験が必要となります。
それを証明するために、過去に在籍していた料理店から在職証明書を提出してもらうのですが、ここ最近、この審査がとても厳しくなってきており、ほぼ確実に現地調査が行われます。
本当にいたのか、いた期間は正しいのか、何をやっていたのか・・・等がヒアリングされ、それが申請内容と少しでも異なると、ビザが許可されなくなってきています。
そして、一度資料の信憑性が疑われて不許可となった場合、再度申請する際のハードルがとても高くなってしまいます。

技能ビザの申請は、慎重に行いましょう。

このページの先頭へ