鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 会社設立・変更 > 【経営管理ビザ】1つの会社で二人が“経営管理ビザ”をとる

新着記事

【経営管理ビザ】1つの会社で二人が“経営管理ビザ”をとる

2015年11月02日

よく相談を受けるのが、例えば、
・友人と一緒に会社を作りたい
・二人で出資したい
・二人が代表取締役になりたい
・そして、二人で経営管理ビザをとりたい できますか?
という、ケースです。

結果から言うと、かなり厳しいと言わざるを得ません。
経営管理ビザの特性から、原則1社に1名(代表)のみです。
1社で2名以上取得できるのは、
①事業規模が大きい会社(数百名以上の社員がいて、管理職が必要)
②異なる業種で、それぞれの業種でその手のベテランの役員が必要
などの、特殊なケースです。
②の場合は、異なる業種があれば言い訳ではなく、それぞれの業種の事業規模や出資金の額なども考慮されます。

よって、 今から新しく二人で会社を作りたい!というレベルでは、 到底二人共が経営管理ビザを取得することは難しいでしょう。

では、どうすればいいのか?
例えば、一人が代表として就任し経営管理ビザを取得、もう一人は従業員として技術・人文知識・国際業務ビザを取得する、等であれば、可能性はあります。

会社を作る前に、まずはよく考えてみてくださいね。

このページの先頭へ