鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 留学ビザ > 【留学ビザ】更新に必要な出席率

新着記事

【留学ビザ】更新に必要な出席率

2016年04月08日

留学ビザ更新の季節になると、「更新ができなかった」「理由書を書いてほしい」等のご相談をたくさんいただきます。 更新できなかった理由で一番多いのが、「出席率が足りない」というものです。

では、留学ビザを更新するためには、どれくらいの出席率が必要なのでしょうか。

入国管理局の留学ビザ所有者の出席率に対する見解として、 「日本語学校における出席率は、専門学校にくらべて厳しく審査される」 というものがあります。

その理由として、日本語学校のカリキュラムは、原則として1日中授業があるわけではなく、午前か午後の半日しか授業がないことが多く、にもかかわらず出席率が低いというのは、留学ビザに該当する活動をほぼ行っていないとみなされてしまうからです。

留学ビザの方の出席率の低さは、留学ビザの更新だけでなく、ほかのビザに変更する際にも影響してきます。

では、具体的にどれくらいの出席率があればいいのでしょうか。

以下、当社の過去の案件を参考に、だいたいの判断基準をまとめてみました。 ※あくまでも、当社の私見です。 ※日本語学校の場合は、より厳しくみられると考えてください。

★平均出席率80%以上 おおむね、問題なく更新や変更が可能です。

★平均出席率70~79% 状況によります。 急激に出席率が低下した等の経緯がある場合、事情の説明を求められる可能性が高くなります。

★平均出席率60~69% 事前に明確な説明がない限り、高い確率で事情を説明する旨の追加提出通知が届きます。 理由によっては、許可につながる可能性も十分にあります。

★平均出席率50~59% ほぼ事情を説明する旨の追加資料提出指示が来るか、その指示がないまま不許可通知が届きます。 合理的な説明や特別な事情がない限り、許可はかなり厳しいといえます。

★平均出席率50%未満 よほどの特別な事情がない限り、まず、許可はかなり厳しいと思ってください。

このページの先頭へ