鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 経営・管理ビザ > 【経営管理ビザ】1年ビザと3年ビザ

新着記事

【経営管理ビザ】1年ビザと3年ビザ

2016年04月30日

経営管理ビザの申請において、1年ビザが取得できるか、3年ビザが取得できるか、 その差はどこにあるのでしょうか。

当社で申請した例や、入国管理局でのヒアリングをもとに、 その差をまとめてみました。

① 日本においての就労経験のある人(就労ビザを取得して働いていた人)は、3年ビザを取得できる可能性が高い傾向にある。
② 大学や大学院にといて経営を専攻していた人については、3年ビザを取得できる可能性が高い傾向にある。
③ 常勤社員(正社員)を雇用している場合は、3年ビザを取得できる可能性が高い傾向にある。

もちろん、ビザの期間については、入国管理局による総合的な判断によって決まりますので、①~③のすべての状況を満たしているからと言って、必ずしも3年ビザが取得できるわけではありません。 しかし、参考になるのではないでしょうか。

このページの先頭へ