鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 就労ビザ > 【技術・人文知識・国際業務ビザ】飲食店の事務スタッフ

新着記事

【技術・人文知識・国際業務ビザ】飲食店の事務スタッフ

2015年03月10日

翻訳・通訳業務をメインとして、「人文知識・国際業務」ビザを申請される方は、とても多いと思います。
申請の際、机が並べられて見るからに事務スペースと呼べるような場所で業務を行う場合、それほど問題にはならないのですが、 場合によっては、飲食店等の事務スタッフとして雇用されたものの、事務スペースは店舗の一角にあるかないか…というような方もいらっしゃるでしょう。

この場合、入国管理局の審査はとても厳しいものになります。
本当に翻訳・通訳業務を行うのか、現場でホールスタッフや調理業務を行ったりしないのか、翻訳・通訳業務の必要性は??

留学生の皆さん、卒業も近づき、そろそろ就労ビザを申請されることでしょう。
雇用主の皆さんも、内定を出された学生さんの就労ビザについて、どうすればいいのか悩みも出てくるころでしょう。 もしかしたら、既に申請をされて不許可になってしまった方もいるかもしれません。

そんなときは、一度専門家に相談してみると、道が開けるかもしれません。

このページの先頭へ