鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > コラム > 【コラム】マイナンバー制度の外国人への影響について⑤

新着記事

【コラム】マイナンバー制度の外国人への影響について⑤

2015年04月23日

永住ビザや経営管理ビザについて考えられる影響について、見てきましたが、 それ以外の在留資格についても、当然注意が必要です。

たとえば、就労ビザの人が在留期間更新を行う場合、 これまでは、社会保険証の提示については必須ではなく、提示しなくても更新が不許可とされることはほとんどありませんでした。
しかし、現在、入国管理局の審査傾向として、より法律に則った厳格な運用がされています。 その傾向から鑑みると、マイナンバー制度運用開始後は、在留期間更新時にも、社会保険証の提示が必須とされることは、考えられます。
また、国民年金についても、マイナンバーで一元管理が可能になるので、加入の有無についても、ビザの審査に影響してくることも、十分に考えられます。

ちなみに、このマイナンバーは、よほどの事情がない限り、途中で日本からの出国があったとしても、一度付与されると一生変わることはありません。

これまでのコラムは、現段階で考えられる影響についてですので、実際に運用が始まれば、このコラムの内容と異なることも出てくるかと思います。 その都度情報を更新していきますので、ご注意ください。

このページの先頭へ