鴻富行政書士法人TOP > 最新トピックス > 帰化 > 【帰化】経営者の義務

新着記事

【帰化】経営者の義務

2015年06月03日

帰化申請の際、社会保険の加入や年金の加入について、厳しく見られます。
万が一未加入の場合、過去にさかのぼって最低1年は加入していることを求められます。
この点については、年々厳しくなっているので、今後更に厳しくなることも予想されます。

さて、法人の経営者の方の場合、その規模に関係なく、社会保険(厚生年金と健康保険)の加入が義務となります。 しかし、残念ながら、実際には小規模企業の経営者の場合は、未加入の方も多くいらっしゃいます。

帰化申請において、これは日本の法令を遵守していないとみなされ、申請が受理されないケースがほとんどです。

経営者の方が帰化申請をする場合、経営状況以外にもこの点についてご注意ください。

このページの先頭へ